2013年7月31日水曜日

f.labに行ってきた


岐阜の大垣市にあるFabrication設備 f.labに行ってきた。



trotecのSpeedy300が置かれていた。40Wの出力との事。



まだ、準備中らしいが、Cubifyも3台おいてあった。



f.labの週間スケジュール、週に2日ぐらい公開しているようだ。


レーザーカッターに板を設置


高さをあわせる


データは、イラストレーターから印刷してつくる


Trotecの専用ソフトで、印刷開始


 f.labで作られた作品達




2013年7月27日土曜日

TechShop SFレポート

Google I/O 2013とTizen Conference 2013の合間にTechShop SFにいってきた。




TechShop SFは、926 Howard Street San Francisco, CA 94103に位置している。
Mscone側の通りはきれいだが、反対側は大分寂れた通りになっている。

TechShop
http://www.techshop.ws/index.html

TechShopの位置づけは、
http://makezine.jp/blog/2013/06/the-difference-between-hackerspaces-makerspaces-techshops-and-fablabs.html
によれば、Makerスペースのフランチャイズという位置づけだ。

店舗には、ちょっとした工作用の部品などがおかれていた。




工房には、たくさんの工作期間が置かれていた。工房で作業するには、料金を払う必要がある。また、工房の2Fには教室開催用の部屋が複数用意されていた。当日も、簡単なスクールが開かれていた。


料金は、年間$1,199ドルを払えば施設を利用できるようになる。家族会員などもあるようだ。1時間毎に料金をはらって利用する事も可能だ。


機械の使いかたはクラスを通して覚える事が可能になっている。


機械の空き具合はモニターでリアルタイムに表示されている。空いている機械を申し込んで使う事ができる。


日本では、FabLabばかりが注目されているが、世界ではFabLab以外にいろいろな工作ルームが発展してきている。

もし、工作ルームを自作してビジネスを始めたい場合、この記事が参考になるだろう。
http://makezine.jp/blog/2013/06/making-makerspaces-creating-a-business-model.html


2013年7月25日木曜日

DFRobotで基盤を作る方法

今回は、2階層基盤をEagleで製図して、DFRobotで基盤化する方法に関して解説する。

必要なもの

  • gerb274x.cam
  • excellon.cam

gerb274x.camはP板.comの下記ページよりダウンロードしてくる。
http://www.p-ban.com/gerber/eagle.html

アプリケーション>EAGELE-6.0.0>camの中に、gerb274x.camをコピーする。

ガーバーデータの作成

それでは、早速gerb274x.camを実行する


[File]-[Open]-[Board...]を選択し、ガーバーデータを作成したいboardデータを選ぶ。



boardデータを読み込んだら[Process Job]を選択する。


これで、
  • light_brick.cmp
  • light_brick.gpi
  • light_brick.pic
  • light_brick.sol
  • light_brick.stc
  • light_brick.sts

が生成される。


ドリルデータの作成

excellon.camを実行する


[File]-[Open]-[Board...]を選択し、ドリルデータを作成したいboardデータを選ぶ。



boardデータを読み込んだら[Process Job]を選択する。



これで、
  • light_brick.dri

が生成される。

DFRobotに発注

DFRobotに発注する。今回は10枚で$9.5のプランで発注する。
http://www.dfrobot.com/index.php?route=product/category&path=135_134

Cartにいれて、Paypalで料金を払えば、OKだ。メールで、Order Noが届くので、Order Noと先ほど生成したガーバーデータ、ドリルデータをzipに固めてメールすれば、終了。




メールの宛先は
to: Manufacture@dfrobot.com
subject: order id ####

zipファイルを添付して送付すれば、1週間ぐらいで手元に届く事になる。

2013年7月10日水曜日

Maker Faire Bay Area 2013で展示されていた3D Printer達


Maker Faire Bay Area 2013で展示されていた3D Printer達の一覧。

OpenBeam
http://openbeamusa.com/

Rostock型の3D Printerを展示。KickStarterのプロジェクト

SeeMeCNC
http://shop.seemecnc.com/

こちらもRostock型の3D Printer。Kitの完成度が高い

Ultimaker
http://www.ultimaker.com/

こちらは、ドイツの3D Printer。

formlabs

こちらは光造形のform1。KickStarterで3億円を集めたプロジェクト。

Litto
http://www.tinkerines.com/store/3d-printers/litto/

こちらは、made in taiwanの3D Printer。


Type A Machine

Type A Machine。日本ではメジャーじゃないが、アメリカでは人だかりができていた。

RepRap Project

廉価版3D Printerはここから始まった。自己増殖型3D Printer。

Mondel90
Rostock型
これは何型?

Ez3D

色がかわいらしいEz3D


Printrbot

なんと$299の3D Printerが登場

謎の3D Printer

どこの誰が作っているか謎の3D Printer。石膏系か?



会場で見つけられなかったけど、DeezmakerのBukitというのもあったらしい

Deezmaker
http://deezmaker.com/