2013年1月27日日曜日

中華レーザーカッターが届いた(重量:300kg)


昨日、待ちに待った中華レーザーが届いた。
2012年11月にAliexpress経由で業者を見つけて、「90cmx60cmのサイズで10mmのベニア板の切れる機械」という条件で注文した。

組み立てには、約1ヶ月かかり、中国から日本への郵送に2週間程度かかった。新潟港に船で下ろされ、手続きに1週間程度かかった。送られてきた書類には「重量:300kg」と書かれていたが、「90cmx60cmのサイズで10mmのベニア板の切れる機械」と注文したものが、なんで300kgにもなったのかうまく理解できず、軽い気持ちで荷物の到着をまっていた。

300kgもの大きな箱を会社の中にいれる事もできず業者の人も玄関前に荷物を置いて、そのまま帰ってしまったので、とりあえず会社の外で箱を分解し、搬入する事にした。


搬入してみて、早速眺めてみると、とにかく巨大だ。レーザー加工が可能な作業部分が90cmx60cmしかないのに、その2倍近い大きさになっている。「90cmx60cmのサイズで10mmのベニア板の切れる機械」は、自分一人で運べるものと思っていただけに、驚きと同時に、なんだかもの凄い得した気分になった(^^;


ある程度、予想はしていたものの、やはり完成品ではなく、自分で組み立てる仕組みになっていた。しかも、説明書なんてものはついていない。中国の販売工場に問合せしたら、紙ペラが送られてきて、「これみて作ってね」と言われたが、どこにも組み立てる方法の記述はない。


しょうがないので、Web上の写真などを参考に見よう見まねで組み立ててみた。CO2レーザーチューブは、RECI社の125Wを使用。


22mmの高さにあわせて(多分)、アノードとカソードをそれぞれ接続。水冷式ゆえ、水を循環させるために、Water-InとWater-Outも接続。



排気用の送風機も装着。


冷却装置に、Water-InとWater-Outを接続


エアーポンプも接続


これで、組み立ては完了。

今度は、制御用PCの調整。今回届いたレーザーは、Controllerには、Leetro社のMPC6516を使用。PCとレーザーカッターはUSBで接続する。


制御用のアプリケーションは、LaserCut5.3。LaserCutを起動するには、ドングルをPCにさす必要がある。




これで完成! と思いきや、160V以上の電源が必要らしい。ひとまず、トランスが必要そうなので、起動は次回とし、レーザーカッターの中身を調査。

電送部

電送系は汎用化されており、各社のWebで最新の情報が入手できるようになっている。


  • コントローラ: Leetro MPC6516 
  • モーターコントローラ: Leadshine 3ND583 
  • ミニサーキットブレーカ: Delixi DZ47-63 
  • 電源: GY400W-40-A


MPC6516
3ND583
DZ47-63
電源 

加工部


加工部分は、90cm x 60cmのサイズ。下にかすが溜まり、奥の小さい穴から排気する。

レーザー部
CO2レーザーはRECI社製。


コントロールパネル
コントロールパネル Leetro社製。MPC6516用のパネル


周辺機器
購入した中華レーザーには、本体の他下記の機器がセットになっていた。
  • 冷却装置
  • エアーポンプ
  • 送風機


次回は、トランスが届き次第、動作のレポートを書こうと思う。乞うご期待!

2 件のコメント:

  1. 非常に興味深いです。
    動作レポート楽しみにしています。(ワクワク)

    返信削除
  2. こんばんは、aliで同じような商品を見ていました。といっても同じ商品についても
    別の?出品者がたくさんいて商品額も運賃もいろいろですが。
    やはり配送は最寄りの港までなのですか?そこからの自宅もしくは自社への手配手配と運賃は大変そうですね。

    返信削除